イボにも使える?イボコロリの成分や効果、使い方まとめ

イボコロリの使用期間はどのくらい?

手や足の部分など、あらゆる皮膚がある部分にできてしまうのがイボの嫌なところですが、イボコロリを使えば治療することができます。とても有名な市販品で、ドラッグストアや薬局で手軽に購入可能です。
イボコロリの使用期間は1ヶ月くらいです。1ヶ月使い続けても症状が全く良くならなければ、医師や薬剤師などに相談してください。
しかし、1ヶ月以上使い続けることを禁止しているわけではないので、もしも徐々に改善しているなら、引き続き使い続けても構いません。別の病気が関係していたり、イボコロリでは治療できないイボである可能性があるため、1ヶ月の期間を目安としています。
期間内であっても、使用しているうちに発疹や発赤、痒みの症状が見られたなら、使用を中止しましょう。この場合にも医師や薬剤師などに相談することが大事です。
本来の効果を発揮させたり、副作用のリスクを高めないためにも、イボコロリの正しい使い方を守りましょう。1日に4回、1滴ずつ患部に塗りつけます。キャップの部分に棒がついていますので、それを利用しましょう。イボが広範囲にできているなら、一度に治療しようと考えず、1~2ヶ所ずつ塗るのが皮膚トラブルの発生を防ぐコツです。